校友会について

Find us on :

校友会会則

         
第1条 本会は、立命館アジア太平洋大学校友会と称する。略称をAPU校友会とする。
第2条 本会は、本会および母校・立命館アジア太平洋大学(以下、「APU」という)の発展を期し、会員相互の親睦を図ることを目的とする。
第3条 本会は、次の事業を行う。

(1) APU同窓会としての取り組み・事業
(2) 本会の発展を期し、会員相互の親睦・交流を促進するための事業
(3) 会員相互を結ぶための会員データ集約およびその管理
(4) APUの発展に寄与するための事業
(5) APUを励まし支えるための事業
(6) 立命館学園各校およびその校友会・同窓会との連携事業
(7) その他本会の目的を達成するために必要な事業

第4条 本会は、本部をAPU学内に置き、必要に応じ、国内外にチャプターを置く。
第5条 1 本会は、次の会員をもって組織する。
    (1) 正会員(2) 準会員(3) 教職員会員(4) 推薦会員
2 正会員とは、APU学部および大学院卒業生とする。
3 準会員とは、次に該当する者とする。
    (1) APU学部生・大学院生(2) APUに在籍したことがある者で前項に該当しない者
4 教職員会員とは、APU教職員および教職員であった者とする。
5 推薦会員とは、本会またはAPUに功労のあった者、若しくは貢献をする意思がある者で、ボードチームの
    承認を得た者とする。
6 会員は、会則において定める終身会費を払うことを原則とする。
7 会費未納の者には、納入者と同等のサービスが受けられない場合がある。
第6条 1 本会は、その運営や諸活動、各地域をサポートするためのサポートチームを置く。
2 サポートチームに次のメンバーを置く。

(1) 代表                 1名
(2) 副代表               3名以内
(3) ディレクター             5名以上
(4) 事務局長            1名
(5) チャプターリーダー    チャプター数
(6) 監事               1名
(7) 名誉会長           1名
(8) 顧問             適正数
(9) プロデューサー       適正数

第7条 1 本会にボードチームを置く。
2 ボードチームは、代表、副代表、ディレクター、事務局長をもって構成し、ボードミーティングを開催する。
3 ボードミーティングは、代表が議長を務め、監事もメンバーとする。
4 ボードチームの職務権限は、次の事項とする。
(1) 予算および決算に関する事項   
(2) 総会の開催に関する事項   
(3) 会則の変更に関する事項   
(4) 第5条に定める推薦会員等の承認   
(5) 第9条に定める副代表、顧問の承認および監事の選任   
(6) 第9条に定める代表、ディレクター、チャプターリーダー、事務局長、名誉会長の把握   
(7) その他重要な事項
5 ボードミーティングは、原則として年1回以上開催し、その議事は、出席者の過半数をもって決定する。
    ただし、会則を変更する場合は、全メンバーの3分の2以上の同意を要する。
第8条 1 代表、副代表、ディレクター、監事、チャプターリーダーの任期は、会計年度における4年とする。
    ただし、任期は、2期以内とする。
2 補充により選任されたサポートチームメンバーの任期は、前任者の残任期間とする。
3 サポートチームメンバーは、次期改選までその任にあたるものとする。
4 改選の時期は原則年度初の4月とする。
5 準会員は、ボードメンバーおよび各チャプターのリーダー、サブリーダー、会計職に就くことはできない。
第9条 サポートチームメンバーは、以下の方法により選出する。
(1) 代表は、選挙により決定し、ボードチームに報告する。選挙方法は別途定める。
(2) 副代表は、代表が推薦し、ボードチームの承認により決定する。
(3) ディレクターの選出は、校友よりの推薦もしくは立候補を推薦委員会が受け評価報告をボードチームへ
      提出し、ボードチームが決定する。
(4) チャプターリーダーは、各チャプターの総会において選出し、ボードチームに報告する。
(5) チャプターリーダーとボードメンバーおよび監事は、兼務できないこととする。
(6) 事務局長は、事務局がボードチームに推薦し、事務局長を除くボードチームが承認する。
(7) 名誉会長は、APUに推薦を依頼し、ボードチームが承認する。
(8) 顧問は、ボードミーティングの議を経て置くことができる。
(9) 監事は、ボードミーティングにおいて選任する。
(10) プロデューサーは、ボードチームにおいて選任する。
第10条 サポートチームメンバーの職務権限は、次のとおりとする。
(1) 代表は、会務の総括・調整を担い、本会を代表する。   
(2) 副代表は、代表の補佐を行う。   
(3) ディレクターは、分担して会務を執行・サポートする。   
(4) チャプターリーダーは、所属チャプターの校友会活動の運営を担う。   
(5) 監事は、本会の会計を監査する。活動についても監査することができる。   
(6) 事務局長は、本会の事務をつかさどる。   
(7) 名誉会長は、ボードチームの諮問に応じ、意見を述べることができる。   
(8) 顧問は、ボードミーティングに出席し、意見を述べることができる。   
(9) プロデューサーは、プロジェクトを担当する。
第11条 1 本会は、毎年1回、総会を開催する。またボードチームにおいて必要と認めたときは、臨時総会を開催する
    ことができる。
2 総会は、次の事項を目的として開催する。
  (1) ボードチームから会務および会計の報告を受ける。
  (2) その他本会全体に関わる重要なことを報告し、必要に応じて意見を募る。
3 総会の議長は、代表があたる。
4 総会は、代表が召集する。総会の召集にあたり、総会の期日、場所は、適切な方法により会員に知らされ
    なければならない。
第12条 1 ボードメンバーおよびチャプターリーダーは、罷免委員会の判断により罷免されることがある。
2 罷免委員会はAPU校友会事務局をもって組織され、必要に応じサポートチームメンバーが委員となる。
3 本会の品位を傷つけたり、名誉を汚すようなことを行った会員や団体は、ボードミーティングを経て退会さ
    せることができる。
第13条 1 本会の経費は、会費、寄付金およびその他の収入をもってこれにあてる。
2 会費は、終身会費2万円とする。
第14条 1 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月末日に終わる。
2 本会の会計予算および決算は、毎会計年度終了後、しかるべき方法で会員に報告しなければならない。
第15条 本会の経理規程は、別途定める。
第16条 1 本会の本部事務を所管するために、事務局を置く。
2 事務局を立命館アジア太平洋大学内に置く。
第17条 本会則の改廃は、ボードミーティングにおいて行い、しかるべき方法で会員に報告する。

附 則


この会則は、2003年3月1日から施行する。
この会則は、2006年7月16日から改正施行する。
この会則は、2007年6月10日から改正施行する。
この会則は、2008年6月28日から改正施行する。
この会則は、2011年4月1日から改正施行する。
この会則は、2011年10月27日から改正施行する。
この会則は、2012年1月22日から改正施行する。
この会則は、2012年10月5日から改正施行する。
この会則は、2013年12月15日から改正施行する。
この会則は、2014年12月7日から改正施行する。
この会則は、2017年2月5日から改正施行する。
この会則は、2018年2月21日から改正施行する。
ページトップへ戻る

当サイトに掲載している文章および写真を、他媒体に転載することを禁じます。