校友会について

Find us on :

代表メッセージ

koka


校友の皆様、こんにちは!

APU校友会代表の国嘉 こか(くによし こか)と申します。
私は中国出身で、2012年春にAPUを卒業しました。
この度、APU校友会代表に選ばれ、非常に光栄で嬉しく思っております。
私の4年間の短いAPU生活を振り返ってみると、毎日が感動と驚きの連続でした。
スーパーグローバル大学に選ばれ、世界的にも注目される国際大学に成長している現在のAPUの姿を見て、卒業生として非常に誇りに思っております。
これからも校友会を通じて、校友全員を支え、その輝く姿を広めていくことが母校への恩返しに繋がると信じています。

ここでは、校友会が目指している姿を共有いたします。
まず、APU校友会は校友全員のホームとして、「心の寄り処」になること。
国内のみならず、海外各地で懇親を深める様々な交流イベントを行い、寂しい時、辛い時、何となく思い出した時、いつでもAPU校友会が校友の皆様のすぐそばにいるような存在を目指します。

そして、校友会の世界中に広がるネットワークまた様々な資源を活用し、本当に自分やりたいことができる「自己実現」の場になること。

ボランティア活動であろうと新しいビジネスであろうと、一人ではできることは限られるけれど、誰かと一緒にやれば大きなことができる。
APU校友会は、校友同士の繋がりで、地域を変える、世界を変える舞台を目指します。 このようにAPU校友会もAPUと共に日々進化を続けていきますので、引き続きご協力、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 また、ご意見等ございましたら、 koka.kuniyoshi@hotmail.com までご連絡くださいませ。

立命館アジア太平洋大学校友会
代表 国嘉 こか
2012年3月アジア太平洋マネジメント学部卒業

ページトップへ戻る

当サイトに掲載している文章および写真を、他媒体に転載することを禁じます。