校友会について

Find us on :

代表メッセージ

立命館アジア太平洋大学校友会(APU校友会)は2003年春に卒業生を輩出して以来、110の国・地域出身、約1万人の会員を有する一大グローバル組織となりました。また10の国・地域を超えるチャプターは、現在もその数を増やしています。

2012年7月には海外では初となるAPU校友総会を中国(上海)で開催し、世界中から校友が集いました。
私たちは学生時代、自然豊かなキャンパスで学び、共に成長をしてきました。そして現在、世界中の様々なフィールドで校友が活躍しています。

私たちを育んでくれた母校への最大の恩返しは、「私たち自身が輝くこと」だと考えています。
校友は、大学の成果のひとつです。従って、校友をみればその大学がみえてきます。
校友が輝けるステージ、それがAPU校友会です。

世界中どこに行っても「at home」と感じられる組織であり、また本当に自分やりたいことができる「自己実現」の場でもあります。

APU校友会の世界中に広がるネットワーク、また様々な資源をぜひ活用してください。

これは私たち校友に与えられた可能性であり、財産です。
自身のより豊かな人生のため、そして母校APUのために共に実りある活動をしていきましょう。

立命館アジア太平洋大学校友会
代表 吉田聖崇
2006年3月アジア太平洋マネジメント学部卒業

ページトップへ戻る

当サイトに掲載している文章および写真を、他媒体に転載することを禁じます。