NEWS

ALUMNINEWS2021/05/17

APU卒業生が東京オリンピック聖火ランナーとして走りました

Sameera Gunawardenaさん(2005年卒業)が5月16日にオリンピック聖火ランナーとして走りました。

【Sameera Gunawardenaさんからのメッセージ】
一世一代の機会をいただき、今まで支えてくださった、たくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいです。APU卒業後、ご縁があって2006年に隠岐諸島海士町に移住しました。それから約15年間私は、海士町と今住んでいる奥出雲町で観光という仕事を通して地域課題に取り組んできました。
過疎地域の課題に取り組み中で、地域を守ることの大切さに気づきました。地元の方と一緒に観光で地域を盛り上げるために取り組んできた想いを聖火ランナーという舞台で発信できたことをとてもうれしく思っています。

【APUの学生へ】
 APUの国際的な環境の中で経験したことが、私の人生観を大きく変えました。国が違っても、相手の価値観を尊敬しながら、共に生きることの大切さとその楽しさを私はAPUにいた4年間で学びました。
 コロナ禍の中で皆さんもとても大変だと思います。コロナ後の世界は今以上に多様な価値観と共存する社会になると思います。今皆さんが過ごしている時間が、そのチャレンジングな未来のために、絶対に役に立つと思います。
 この苦しい時期をみんなで助け合いながら乗り越えましょう。

DSC05233-edited

DSC05242-edited


Category

Previous NEWS & REPORTS

Find us on :

当サイトに掲載している文章および写真を、他媒体に転載することを禁じます。